TOPICS

お知らせTOPICS

2021年06月25日

立てば芍薬…

座れば牡丹、歩く姿は百合の花。  

芍薬も牡丹も共に美しい花で、百合は清楚な花であることから、美人の姿や振る舞いを花に見立てて形容するすてきな言葉です。

これらのことから、芍薬は立って見るのが一番美しく、牡丹は座って見るのが一番美しく、百合は歩きながら見るのが一番美しいという説もあります。

芍薬、牡丹、百合の花は、ひとつひとつの花が美しいばかりではありません。 この3つの花は、例年4月から6月にリレーするかのように順番に咲いていきます。  また、これらは漢方の材料としても使わています。

不調の症状に合わせた生薬の使い方を表します。 芍薬は気が立って緊張状態にある女性を鎮静・緩和し、牡丹は瘀血で座り込む女性によく、百合は心身が弱ってフラフラとした女性によいという意味です。

この由来には「芍薬、牡丹、百合を使うことで健康的で元気な美しい女性になる」という意味も含まれています。

生薬の使い方を示すだけでなく、美しい女性には健康と元気も必要だと訴えているのです。

現代ではあまり使われなくなったことわざですが、きちんと意味を知って使えば、すてきな言葉です。愛する奥様や彼女にぜひ使ってみてください。  花の美しさに梅雨空を忘れてしまうパワーもありますね。

丸石商事株式会社

〒602-8188 京都府京都市山科区大宅関生町72 宅建建物取引業・京都府知事免許(13)第3376号

お問い合わせはこちらへ

TEL.075-594-0143

受付時間:9:00~18:00 (土・日・祝除く)